個人の所得にかかる所得税のしくみ

会社員の場合、お給料から所得税が天引きされてるのをご存知ですか?所得税とは個人の所得に対して課税される税金です。会社員だけでなく、フリーランスや自営業者など所得を得てる人は支払わなければなりません。とても身近な税金なので、ここはしっかりしくみを理解しておくとライフプランを考える時の判断材料となります。

所得と収入の違いは?どんな種類があるの?

「所得と収入って何が違うんだろう?」と疑問を持たれる方も多いと思います。会社員の場合、毎月の給料と賞与を合わせた総額を収入といいます。年末に受け取る源泉徴収票の「支払金額」がそれにあたります。一方、給与所得とは1年間の収入から「給与所得控除」を差し引いたものです。「給料所得控除」とはサラリーマンの経費のようなもので、収入に応じた「給料所得控除」を差し引くことで、会社員の給与所得を算出します。所得税はこの給与所得金額に定められた税率をかけて所得税額を算出します。

所得にはどんな種類があるの?

所得は会社員の給料所得だけでなく、その性質によって10種類に分かれます。それぞれの所得について、収入や必要経費の範囲、所得の計算方法が決まってるんです。種類については以下の通りです。

  • 利子所得
  • 配当所得
  • 不動産所得
  • 事業所得
  • 給与所得
  • 退職所得
  • 山林所得
  • 譲渡所得
  • 一時所得
  • 雑所得

所得税額の計算方法

所得税を計算するにあたり、まず課税所得金額と言って、1月1日から12月31日までの1年間の全ての所得から「所得控除額」を差し引いたものを算出します。
その後、扶養の人数は何人いるのか?や保険料控除など個人的な事情を加味して税負担を調整します。(控除項目は14種類あります。)そしてこの課税所得金額に所得税の税率を適用して計算するのです。

出典:国税庁暮らしの税情報

年末調整と確定申告の違いは?

年末調整って会社員にとっては「おこずかい」的なイメージでしょうか?毎月支払っていた概算の所得税が、年末に少し戻ってくるあれです。
年末調整も確定申告も1年間の所得税額を決定し清算するものなのでほとんど違いはありません。ですが会社員の方も同時期に確定申告をすることになると税務署がパンクしてしまうので、給与所得のみの会社員は年末調整だけで所得税の清算が完結できる仕組みになっているのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です