必要な保険の考え方

保険ってどんなもの?必要?

保険とは長い歴史から生まれた仕組みです。
たくさんの人が、少しづつお金を出し合って大きな共有の財産を作ります。そして、万一のことがあった場合に、経済的に助け合う。それが保険の基本精神です。
では、なぜ保険は必要でしょうか?
私たちは常にリスクと隣り合わせで生活しています。元気に働いてることは決して当たり前のことではありません。

もしあなたが専業主婦で子供を育てていたとします。ご主人が不慮の事故や病気で死亡したり、今まで通り元気に働けなくなったとしたら生活はどうなるでしょうか?
収支のバランスが一気に崩れてしまいます。
独身の方も同じです。自分の身体が資本となりますので、働けなった時の収入はどのように確保するのでしょうか?

病気や交通事故や災害等いつ起きるか誰にもわかりません。
そのため、万一の時に備え「保険」入りお金の心配を減らすのです。お金の心配が減れば、治療にも専念できたり、家族の負担を減らすことができるのです。

どの保険に加入すればいいの?

保険はライフスタイルやライフステージによって加入する保険は違います。では、どんな時に保険に加入するケースが多いのでしょうか?

  • 社会人になった時
  • 結婚した時
  • 子供が生まれた時
  • 親が高齢になってきた時
  • 自分のリタイア後を考えた時

このように自分のライフステージが変わる時期は、今加入している保険の補償では不十分となり、見直しや加入が必要となります。

社会人になったら入るおすすめな保険

保険は「安心」を買うとも言われますが、必ず入らなければならないものではありません。万一の何かが起こっても、対応できるほどの貯蓄があるのであれば「保険」は加入する必要はないのです。
ですが、社会人なりたてですと、貯蓄額はさほど多くはないのではないでしょうか?

民間保険で用意されている主な保険料には、医療保険、死亡保険、傷害保険などがあります。

医療保険は独身でも入ってるケースが多く、健康保険では食事代や個室などの差額ベット代、先進医療を受ける場合の費用は対象外となってます。その為、入院給付金や手術給付金くらいは備えたいですね。

一方、死亡保険は個人的には入らなくてもいいかな?と思ってます。
ご結婚したり子供ができた時にでも考えればいいと思います。ですがもし費用の面でご家族に迷惑をかけたくない場合は、葬儀代がまかなえるくらいの少額な保険の加入がよいでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です