お金の教育

私はお金の教育は受けたことはありません。もちろん「無駄使いはするな」や「他人の保証人にはなるな」など最低限ことは教えてもらいましたが、親のお給料の額も知りませんし、親がどの様にお金を使って、どの様に貯蓄していたのかまでは知りません。貯金や投資の仕方ももちろん聞いたことがありません。それが普通だと思ってましたし、特に疑問をもつことはありませんでした。

その後私は社会人となり、自分自身でお金を稼ぐことになりましたが、その時初めて感じたのが、お金にまつわる知識が自分にはないことです。社会保険・税金・投資・保険・さまざまな制度等だけでなく、貯蓄のコツすらも知りません。

自分の人生設計を考えてみても、どのくらい貯蓄が必要かがわからない。

ひとつひとつ疑問があると調べては解決していきましたが、お金にまつわる制度がこれほど複雑で多岐に渡るということをどれだけの人が知っているのだろうか?と思うようになりました。

年功序列の賃金制度も崩壊し、シングルの人、ディンクスの人、子供がいる人などライフスタイルも多岐にわたり、人それぞれ自分に必要なお金やお金を増やす手段など総合的に判断しなければいけない時代に入ってると思います。

それには、お金の勉強は絶対に必要です。お金に関する知識でお金の使い方は変わります。お金の使い方で人生が変わります。

お金にまつわる勉強はいつ初めてもいいとおもいますが、できれば若いうちに知識をつけておいた方が機会を逃しません。何故義務教育でもっと人生に役立つお金の教育をしないのかとても疑問です。

私には子供がおりますが、年齢に合わせて少しづつお金の教育をしていこうと思います。それが子供の財産になると思ってるからです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です