【必見】副業のすすめ

副業と税金は切っても切れない関係です。収入が増えればそれに従って税金も増えてしまいます。

収入が増えた分だけ全部使ってしまったら、「税金が払えない!」なんてことがあるかもしれません。


今回は、「副業をやってる方」「これから副業をやる方」がしっかり副業収入と税金の関係を理解できるように、詳しく解説したいと思います。

副業で利益がでた!収入と住民税の関係は?

副業をはじめ順調に利益がでてくると、自分自身で「確定申告」をしなければなりません。

確定申告の基準の一つに「給料所得のある方で、副業での所得が20万円を超える」とあります。該当すると申告して「所得税」を期限内に納付します。

では、住民税はどのように納付額を決定しているのでしょうか?

まず税金の課税主体を比べてみると「所得税」が「国税」なのに対し、「住民税」は「地方税」です。本来税金の関連性はありません。


しかし、所得税が年末調整や確定申告を提出し決定されると、税務署より各区市町村へ税額やその計算の基礎となった各種情報が通達されます。そのため区市町村は別途申告を受けることなく住民税を決定・賦課することができます。

ようするに確定申告をすれば、自動的に住民税の計算の基礎になる情報が税務署から区市町村に流れ、計算して決定してくれるということです。

副業20万円以下でも住民税の申告は必要?

「確定申告」の条件である「給料所得のある方で、副業の所得が20万を超える」とありますが

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です